『ピドスコープ』撮りました!

例年だと4月に撮影しているピドスコープ。
先週、今年度入園したお友達の足の裏を撮影しました。
『ピドスコープ』・・・入園説明会等でもお話をしていますが、あまり馴染みのない機械だと思います。
お子様に機械の上に立ってもらい、写真を撮ると、キレイにくっきり足の形が写ります。
土踏まずがなくて扁平足の子、小指が浮いている浮き指の子、外反母趾の子・・・写真を見るとすぐに分かります。
ぞうりを履くことで、自然と足の指の力が鍛えられてきますので、足の形の改善が期待されています。
買ったばかりの草履だと、なかなか鼻緒が固く、履きにくいので嫌がるお子様も多いと思います。
そんな時は、保護者の方が、少し鼻緒を揉んで柔らかくしてあげましょう!
卒園時にもピドスコープを撮ります。足の形がきれいになっているか楽しみにして下さいね。